2022.12.27あらたか

【GOALZ企画】結婚式 ―お孫さんの想いを叶えるために

今回のご依頼者は、ARC 西宮(通所介護)と teon西宮(訪問看護)をご利用頂いている K 氏の娘さま。
94 歳の K 氏は、ARCでは自分のペースでとても穏やかに過ごされています。しかし、認知症や心疾患、慢性腎不全など複数の疾病があり、ここ数年で認知症の進行が見られるため行動には適切な声かけとサポートが必要です。娘さまからのご依頼内容は、息子の結婚式に父(K 氏)にも参加してもらいたい、当日の父の移動などをサポートしてもらえないかという内容でした。

当初、ご家族のなかではおじいちゃんが参加するのは迷惑をかけるかもしれない――体力的にも難しいだろうと諦めておられたようです。しかし、息子さまは、幼い頃一緒に遊んでくれた祖父との思い出の写真を見ると、やはり祖父にも結婚式に出てもらい、退場シーンを一緒に歩きたい! という想いが湧き上がってきたとのこと。
この想いを知り、普段 K 氏に関わっている私たちであればサポートができるのではないかと思い、準備を開始しました。

体調面、排泄管理、移動手段、メイン場面である退場シーンをどのようにしてサポートするか――当社の各専門職とご家族それぞれの立場で情報交換を行いました。排泄においては娘さまからの情報をもとにした排便コンロール、息子さんとの退場シーンは担当PTが当日をイメージしながら歩行練習を進めていきました。K 氏の安全とご家族の想いを実現していく過程は、私たちにとっても有意義な時間でした。

緊張とワクワクのなか迎えられた結婚式当日。担当したのは、ARC 西宮で普段から K 氏に関わっている介護福祉士です。K氏は、いつもと違う環境と雰囲気に戸惑われる様子も見られましたが、介護福祉士による声掛けで大きな混乱などもなく、会場のテーブル席で家族さまと一緒にお過ごしいただけました。また、最大の見せ場になる退場シーンも、お孫さまと一緒に二本杖を使って歩くことができました。更には、介護福祉士のアイデアでK 氏には、お孫さまに宛てた直筆メッセージを書いていただき、退場シーンにそれをお渡しするというサプライズにも大成功しました。
披露宴が終わり控室に戻られたK氏は車椅子に座ったまま眠ってしまわれたそうですが、その手には、お孫さまからのプレゼントの小箱を握ったままだったようです。介護福祉士は素晴らしい門出に立ち会え、眠りにつかれたK氏を見て涙が出そうな程の感動を味わうことができたと……。

当社以外にも、このようなサポートをされている会社は多数あります。しかし、普段K氏に関わっているからこそのサポートが実現できたのではないでしょうか。これからも、当社の利用者さまはもちろん、そのご家族さまにもGoalzを利用して良かった――と思っていただけるようなサービスを提供し続けていきたいと思います。